オンラインギャンブル業界

欧州オンラインギャンブル産業のすべて

0

ラスベガスというカジノ天国が登場するずっと前から、ヨーロッパでは賭け事が人気でした。チャンピオンシップから昆虫相撲に至るまで、あらゆることにお金が賭けられていたのです。西洋における賭け事の歴史は長く、紀元前500年にはすでに賭け事が始まっていたと言われています。それでも、最初にカジノという形式で設立されたのは、17世紀ベニスのリドット(Ridotto)でした。それ以来、ゲーミングはヨーロッパ中で人気を博すようになりました。テクノロジーの進歩のおかげで、最近ではオンラインカジノが設置されるようになり、ランドカジノよりもうまくいっているようにさえ見えます。以下で、このヨーロッパのオンラインゲーム産業の規模が一体どのくらいのものなのかを見てみましょう。

ヨーロッパのオンラインギャンブル産業

 

ポーカー、ブラックジャックこれらはすべて、ラスベガスのカジノを連想させるゲームです。ですが、カジノのルーツは17世紀のヨーロッパにあることをご存知でしたか?1693年にイタリアで作られたリドットと呼ばれるカジノが、世界初の公式カジノだとされています。そしてそれ以来、ヨーロッパでは、オンラインカジノ産業が着実に成長を遂げています。

ここ数十年の間に、オンラインカジノの普及率が大幅に上昇しました。そして、ここ数十年の間に、オンラインカジノの規制も徐々に緩和されてきました。オンラインカジノは、はるかにアクセスしやすく、便利になりました。初心者にとっても、選択肢が広がったのは言うまでもありません。

数値で見ると

オンラインゲーミングでは、Webサイトで各種のボーナスやプロモーションが大量に提供されています。ヨーロッパのオンラインゲーム産業が毎年10%のペースで成長しており、ランドカジノやブックメーカーの実店舗に比べてかなり速いペースで成長しているのも、不思議ではありませんね。ヨーロッパのベッティング業界におけるオンライン分野の比率は20%ですが、この数値は急速に上昇しています。実際の予測では24%でした。2017年には1,960万ドル、2020年にはなんと247億ドル相当の産業に成長すると予測されています。

世界で最も広く使われているギャンブリングゲームがヨーロッパ製である可能性は高い

ヨーロッパのオンラインゲーム市場が世界のオンラインゲーム市場に占めるシェアは48%ですから、事実上、ヨーロッパは世界のオンラインゲーム市場を独占しているといえます。ヨーロッパ以外で唯一顕著な地域はアジアで、世界のオンラインゲーム市場の27%を占めます。欧州のゲーム企業が、オンラインゲームが好調な海外市場において足場を固めようとしています。そのいい例が、最近スポーツベッティングが数多くの州で合法化された米国市場です。

ヨーロッパではオンラインでもスポーツベッティングに人気があり、この分野がゲーム総収益の約40%を占めています。特にサッカーが一般的です。それも当然のことです。ヨーロッパは世界最高クラスのクラブを擁し、大会も数多く開催しているからです。カジノゲームも、オンラインゲームアクティビティの第2位に位置するほどの人気です。そして宝くじですが、オンラインでも宝くじに人気があるのは、言うまでもありませんね。

国別に見ますと、イタリアがトップに来ます。それに僅差で続くのがイギリスです。ドイツ、フランス、スペインもランク入りしています。フランスのオンラインギャンブル参加数は2018年から2019年にかけて増加しました。イギリスでは4倍に増加し、この数値が将来的に減少することはないと見られています。

Sarah Meade

欧州オンラインギャンブルの仕様とその実行プロセス

Previous article

欧州オンラインギャンブル産業の最も良いところ

Next article

You may also like

Comments

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *