Today

欧州オンラインギャンブルの仕様とその実行プロセス

0

2019年、英国のスマホにおけるオンライン賭博広告のシェアは45%以上でした。オンラインでベッティングに参加する人が増えたことが、スマホに革命的な進歩をもたらしました。機能やデザインが素晴らしく向上したのです。スマホを使用してスポーツベッティングに参加する消費者の増加により、プレイヤーにとっては、焦点、ストレージオプション、他のクラブと競える可能性など、スマホによるメリットも増えました。業者もこうした機能を活用して管理レベルを向上させていますし、顧客にもオンラインカジノという娯楽を安心して現金で楽しんでもらえるよう、推奨することができるようになったのです。まず無料のソーシャルゲームアプリを通して体験してもらい、徐々にリアルマネー・カジノに移行してもらおうというわけです。

北米におけるオンラインギャンブルの売上高は、2026年までには250億ドルを超え、予測期間中にCAGR20%で上昇すると予想されています。ネバダ州、ペンシルバニア州、デラウェア州など多くの州でオンラインギャンブルが合法化されたのも、そのためではないかと考えられます。ウェストバージニア州では201912月に「West Virginia Lottery Intuitively Wagering ActH 2934)」が施行され、これにより、同州ではオンラインポーカー、カジノ、スポーツベッティングが全面的に許可されることになりました。カナダを見てみますと、同国ではベッティング業界が成長しており、これに刺激され、広告も増加しています。カナダ国民の75%~85%が、何らかの形でオンライン娯楽を楽しんでいるとされています。カナダゲーム協会(CGA)によりますと、2019年の1年間にカナダのオンラインゲーマーが費やした額は、約5億米ドルにも上るということです。

テクノロジーの進歩

テクノロジーの進歩により、現在はEU内のどこにいてもオンライン賭博やギャンブリングを楽しむことができるようになりました。オンラインアクティビティは、ますます普及するばかりです。ヨーロッパではオンラインギャンブルの広告がランドカジノやブックメーカーの実店舗よりも年間成長で10%程度高くなっていますが、その要因の1つはテクノロジーの向上にあると考えられます。EUにおけるオンラインギャンブル(あるいはネットゲーミング)の収益は、2018年の222億ユーロから2022年には293億ユーロへと拡大すると暫定的に予測されています。EUにおけるギャンブル市場の比率を見てみますと、2018年にはランドカジノやブックメーカーの実店舗が76.8%、オンラインギャンブルが23.2%となっています。また、オンラインギャンブルの台頭は、EU各国の行政部門の進化の結果推し進められたものですが、その多くがオンラインギャンブルに特化しています。

先進娯楽産業のチャンピオンはヨーロッパで決まり

EUは、オンラインギャンブル広告の第1位であり、競争力においてもトップの座にあります。2018年、世界のオンラインギャンブル広告においてEU49.2%のシェアを誇っており、この数値は2020年までは安定を続けると予想されています[1]。ヨーロッパの企業は現在、スポーツベッティングが許可されている米国の数多くの州で、新規市場の開拓を図っています。

現在、欧州のオンラインギャンブル市場は年率約10%で上昇しています。EUにおけるオンラインギャンブル(あるいはネットゲーミング)の収益は、2018年の222億ユーロから2022年には293億ユーロへと拡大すると予測されています。EUにおけるギャンブル市場の比率は、2018年にはランドカジノやブックメーカーの実店舗が76.8%、オンラインギャンブルが23.2%となっています。2018年の世界のオンラインギャンブル広告におけるEUのシェアは49.2%に上っており、この数値は2020年までは安定を続けると予想されています。つまり、EUは世界チャンピオンかもしれないのです。EUにおいて最も人気の高いオンラインギャンブルはスポーツベッティング(42.5%)で、その次に各種のカジノゲーム(32.4%)、宝くじ(12.6%)、ポーカー(5%)、ビンゴ(4.3%)、その他の娯楽ゲーム(3.2%)と続きます。

oddmallard2d1ae499

欧州オンラインギャンブル産業のすべて

Next article

You may also like

Comments

Leave a reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *